« 誕生日から2014年を占う@やりすぎ都市伝説SP | トップページ | カバーノート »

2014年1月 9日 (木)

僕のいた時間

Bokunoitagikan

オフィシャルHPより転写





◇拓人と恵のやりとり◇

恵  なんで今まで会わなかったんだろうね

拓人 クラス違うし

恵  いっぱいいるんだろうね、卒業まで会わずにいる子

   なんかもったいないね。。。

拓人 そうかなぁ?

恵  えっ?

拓人 会わなきゃいけない人には、絶対会えるんじゃない?

恵  そうかもね。。。





◇恵と母のやりとり◇

母 彼氏できたら連れてきなさいよ~、どんなのが来たってビックリしないから

恵 ホントにどんな人でもいいの?

母 えぇ、健康で元気だったら何だっていいわよ
















CX系 毎週水曜 夜10時放送

僕のいた時間~あなたは全力で生きてますか?~

就職活動に苦戦しながらも、生きる目的を漠然としか考えていなかった主人公が

ある日、ALSという難病に冒され余命わずかと知り残された人生を模索していく





脚本は、『ピュア』『僕の生きる道』『僕の歩く道』などの橋部敦子さん

私、結構橋部敦子さんの作品好きなんです、特に“僕シリーズ”だけど(。・w・。 )

心の奥の感情を引き出すみたいな、リアルなんだけど暗い感じじゃなくて

でも、何気ないセリフが印象的だったりするところとかが(*ノv`)





最近では、『遅咲きのヒマワリ』で、毎回ラストで流れた斗真のナレーション


『自分が望む場所にいられるとは限らない でも誰だってその場所で頑張っている
誰かに認めてもらいたくて 誰かに必要とされたくて 誰かに愛されたくて』


『誰かを傷つけてしまったり 誰かに傷つけられたり
本当は誰かと深くつながっていたいのに 誰かと深い絆で結ばれたいのに』


『悩んだところで 答えなんて 見つからないことは分かっている
答えがほしいわけじゃない 話を聞いてくれるだけでいい
ただ 話を聴いてくれるだけで 前を向くことができる』

とかとか。。。










そうそう、そういえば

今回のドラマが実現に至るまでの経緯をYahooのインタビューで

ALSに侵された母親を家族で支えるというドキュメント番組に感銘を受けて

僕側からスタッフに働きかけをして始まった、と語ってました →

なにやらやる気が感じられますね~(* ̄ー ̄*)





ってな訳で

ともぞーは、そんな春馬くんのやる気を受け止めますよ~

きっと、毎回、自分と重ねちゃって泣くんだけど最後まで見ます(/ー\*)

まだ見てないという方、2回目からでもまだ間に合うと思うので絶対見てね

|

« 誕生日から2014年を占う@やりすぎ都市伝説SP | トップページ | カバーノート »

テレビ・映画・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕のいた時間:

« 誕生日から2014年を占う@やりすぎ都市伝説SP | トップページ | カバーノート »